2017年06月10日

2017 夏期日課

2017年、今年の夏期日課は7月21日から8月20日の一ヶ月間開催します。塾生はもちろん、塾生外の方も誰でも参加できます。(プログラムにより参加が難しい場合もありますので、参加に際しては事前にはじめ塾(電話0465−34−6033)までお問い合わせください。)
一ヶ月間の中で、参加したいプログラム、日程、参加者氏名、年齢、連絡先をはじめ塾までFAX(0465−32−4077)してください。なお、初めて参加される方は、FAXを送る前にお電話でのお問い合わせをお願いします。
IMG_0986.jpgIMG_6974.JPGIMG_6601.JPGIMG_5883.JPGIMG_4025.jpg

7月8日(土)陶芸作り
 夏休み前のジュニア、なかよしの土日合宿ですが、この日にいつもお世話になっている陶芸家の山本さんが陶芸作りをしてくださいます。この日に作った器は、8月20日の寮祭の日に焼きあがった完成品を持ち帰ることができます。夏休みの自由作品等のために、また日々使うための湯飲みやお茶碗などを作ってみませんか!
7月21日から23日 CLCAの親子で体験キャンプ夏
 磯貝さんにいらしていただきます。みんなで楽しい半断食に挑戦します!気持ちも身体も軽くなって、いつも以上に市間寮の生活を満喫できるかもしれません。半断食というと二の足を踏む人もいるかもしれません。しかし、大人も子どもも親子も仲間も、みんな一緒の半断食は予想を裏切る楽しみと悦びを発見できるチャンスだと思います。これにしっかり取り組んでいると、ひと夏の夏期日課をバッチリやり切れる体の準備もできますのでオススメです!
7月24日 お能の稽古
 長谷川先生がいらしてくださり、謡などの稽古をします。夏休み明けの9月23日(秋分の日)にはじめ塾85周年、CLCA25周年の記念の会があります。そこで謡や舞、太鼓を披露できたらいいなと考えています。
7月28日から30日 親子合宿
 夏期日課の中で唯一、小学生低学年の人たちのための日課を行うプログラムです。他の日課は高学年以上の子たちの体力に合わせたプログラムになっています。
 川で遊んで、本気でスイカ割りに挑戦!、みんなで盛大に花火、虫取りに、夜の散歩、そうめん流し、どれも本気で取り組みます。そうめん流しは、山に入って太い竹を伐採して、上手に半割りにしてと初めから全部自分たちで作り上げます。その際に作れる人は、そうめん用の竹のマイ箸とマイ杯作りにも挑戦します。力一杯、思いっきり、夏の市間寮を満喫します。なかよし合宿参加者はこちらの合宿がオススメです。
 親御さんには宏先生の子育て講座も予定しています。80年以上の教育実践を重ねてきたはじめ塾ならではの切り口からの、小学校低学年の子たちが自立した立派な大人になるために今必要な取り組み、日々の生活でのヒントを得られるお話です。
8月3日 オオカミ協会の環境のお話第二弾
 春合宿にいらしていただき、びっくり眼から鱗の魅力的なお話をうかがいました。その第二弾です。と言っても、1回目の話を聞き逃した方ももちろん参加できます。人間がいいと思っている人間のための環境という視点から、環境のための環境、そしてもっと広い視点からの環境を学んでみましょう。
8月4日 ディレクトホースの方による講話
 各界の第一線で活躍されてきた方々によるお話を伺う会です。毎年、身近でありながら、それでいて知り得ないお話が聞けます。将来の仕事、自分のしたいこと探しのヒントになります。楽しみにしていてください。
8月6日から8日 映画作り
 毎年みんなが楽しみにしている映画作りです。みんなで作りたい映画を作りたいように、思い切り自分たちが楽しむ映画作りをします。気の合うもの同士、作りたい映画が似ているもの同士、それぞれの仲間と2泊3日で十分程度の作品を作り上げます。もちろん、アドバイスが欲しい人には専門家に相談できます。みんながびっくりして大喜びしてくれる作品が上演された時の気持ち良さはなんとも言えません!
8月9日10日 考古学のお話
 あやもようの本誌に話が載った佐古さんにいらしていただきます。考古学(?)って、メチャクチャ面白いです。何十年前か忘れましたが、初めて彼女のお話を聞かせてもらった時に「なんて面白いの!」とショックを受けたのを覚えています。残念ながら内容は記憶にないのですが、、、考古学って、小難しいことをおじいさんがゆっくり話している退屈なものではなく、まさに今目の前にあるワクワクするミステリーなのです!そして何よりもみんなには佐古さんに会ってもらいたいです。
8月11日12日 演劇ワーク
 東京デスロックの多田淳之介さんがいらしてくださいます。限定30人のスペシャルワークショップです。他のワークショップと違い、当日寮にいる人が全員参加できるものではないので、希望者は事前に参加申し込みをしてください。演劇が好きな人も、そうでない人も、誰にでもオススメです。第一線で活躍されている方の人格に出会えるチャンスです。
8月15日 平和について考える日
 この数十年なかった恐ろしいことが世界中で起こっています。日本でもそれを理由に憲法改正等、変化のスピードが加速しています。どこに向かっているのか不安を覚えることもしばしばです。それでも不安や恐怖から逃れることが平和を生み出すとは思えません。真の平和は個人の安寧や安心に根ざしたものだと思います。そんな肯定的な意味の平和のあり方を一年に一度、本気で考える日です。そうは言っても難しいことをしたいのではありません。大人も子どもの関係なく、親子でみんな一緒に平和について考えられる日になったら嬉しいです。現時点ではゲストは決まっていません。
8月20日 寮祭
 夏期日課の最後は寮祭です。出し物、お店、なんでもありです。もちろん子どもだけでなく、大人の出店も大歓迎です。ただ、儲けを出すためのイベントではありません、念のため。子どもたちがお金に実感を持つことが一つの大きな目的です。今の世の中、お金なしに生きていくことは難しいです。そして、どのようなお金の使い方をするかが、その人の人格を表します。子ども達が親にもらったお金ではなく、お店を開いて自分で手に入れた10円をどのように使うのか。それを学びます。子ども達は何日か前から仲間とお店の準備をするので、当日参加もいいですが、2、3日前から参加の方が楽しめます。準備の方が楽しかったりするので!
posted by hajimejyuku at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏期日課
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180000846

この記事へのトラックバック